黒い日々

無駄のない日々を目指しています。

上へ上へ

子供は遊び上手です。

おもちゃなどなくても、家のあらゆるものがおもちゃになります。


台所はおもちゃの材料で溢れています。


何年か前まで、先日手放した無印のプラケースが食材ストック入れでした。

冷蔵庫と台所の隙間にぴったりで使いやすかったのです。


子供が歩き始めると、プラケースはおもちゃになりました。

当時キャスターが付いていたので、動かしたり倒したり、中身をぶちまけたりしました。


台所の下には米びつや、調味料が置いてありました。

10キロのお米をばら撒かれた時は、怒り泣きました。


もう触ってほしくないものは、上へ上へと置きました。

でも限度があります。


子供の成長と共に、少しずつ物を手放していきました。


私にはこだわりがありませんので、どこのブランドのお鍋、食器などよくわかりません。


食器は結婚する時に、母が持たせてくれたものです。

二つあるお鍋は、お店の催事場で1500円ほどで売っていたものです。

主人が選びました。


子供はまだ幼く何でもぶちまけていますが、先日、食材ストックを台所の吊り棚から引き出しに移してみました。


今の所、誰も興味を持たず、食材たちは引き出しの中でひっそりと出番を待っています。


f:id:mitsoumame91:20170731111409j:plain