黒い日々

無駄のない日々を目指しています。

修行

3泊で福井県へ家族旅行に行ってきました。


2泊を海岸のキャンプ場にテントとタープを張り、最後の1泊は青少年の家のバンガローに泊まりました。


持っていく大量の物にくらくらしました。

行く前も帰ってきた後も、物の片付けに追われ、旅行の最中も食材の買い出し、料理、片付け、大量の洗濯物をコインランドリーで洗濯乾燥したりと、ゆっくり休む暇などありません。


波の音で眠れず、暑かったり肌寒かったりで寝苦しく、もうキャンプは懲り懲りです。

でも主人はそんなことも含めて楽しいと言っています。


子供の安全のために、今後もキャンプに行くことになるでしょう。


もっと快適に過ごすために、持ち物を厳選し、キャンプ料理などについて勉強が必要です。


主人はやる気はあるのですが、料理にしても、旅行にしても残念な結果になることが多く、今回も4泊の予定がテントが壊れたため早く帰ることになりました。


観光は永平寺に行きました。

建物はもちろんのこと、修行僧の日常も美しいと思いました。

修行には無駄がありません。

食事、トイレ、睡眠、掃除、全てが修行です。

修行により、思考も無駄が削ぎ落とされるのでしょう。


私も含め、世俗の欲にまみれた観光客が場違いに見えます。


お寺で修行することは今の私には無理ですが、日々の生活が修行なのだと思い、物も雑念も小さくしたいなと、改めて思った旅行でした。