黒い日々

無駄のない日々を目指しています。

迷走

休日は物件探しに奔走していました。

1日に何軒も回り、不動産屋さんで打ち合わせをし、夜の9時を過ぎる日もありました。


半ば強引に、2軒の家の価格交渉をしてもらうことになりました。

一軒は、新築です。

隣に公園があり、自転車で行ける範囲にスーパーもあります。

学区は変わり、学校まで1キロほどです。

この家には3回見に行きました。

3回目の内覧の時、初めて知った情報がありました。

ヤクザが目の前に住んでいるというのです。

今ところトラブルはないと言います。

主人は気にしなければいいと言い切り、価格交渉に入りました。


2軒目は、築9年の中古戸建です。

壁紙やコンロなどのリフォームはしてあり、中はキレイです。

学区は変わりますが、内覧時乱入してきたご近所さんによると、近隣住民は良い人ばかりで、学校も評判はいいようです。

ただ、私が気になったのは隣にある高速道路でした。

騒音の程度や、地震があった時の道路の倒壊などを心配しました。


これらの物件に関わらず、家を選ぶ時に、普段しない将来の心配を過度にしていました。

高い買い物ですし、失敗はしたくないと思いました。


結果としては、2軒とも審査は通り、希望価格より上の価格でした。


主人と話し合い、結局2軒とも取り下げることにしました。

まず、資金の面で不安がありました。

どちらを選ぶにしても、初期費用がかかり、結婚以来細々と貯めてきた貯金がかなり減ります。

主人は車を手放す気はなく、次はランドクルーザーを買うなどと言っています。

車のローン、家のローン、子供の教育費。

我が家の場合、削れるものは家のローンです。


何の為に家が必要かを、もう一度考えました。

広い部屋が必要なのは、子供がいるからです。

環境が気になるのも、子供がいるからです。安心、安全を出来る限り求めます。

それなのに、ヤクザはありません。

論外です。


主人の考えは分かりませんが、私はしばらくは団地で良いと今回の家探しを経験して思いました。 

何をするにも狭いとすぐに終わります。

子供の呼びかけにもすぐに応えることができます。


子供の個室が必要になった時、部屋数がある賃貸に住めば良いと思います。

そのくらい子供が成長すれば、私も外で仕事をすることが可能でしょう。


今、この家で私がしたい1番のことは、長男の勉強スペースを作ることです。

毎日宿題をするまでに時間がかかり、私がキリキリするので主人にお任せすることにしました。

昨日は夜10時にやっと終わっていました。


食器棚を手放し、そこに小さい机を置きたいのです。

小さい弟妹がいる我が家では、ちゃぶ台で勉強するには集中するのがとても難しいと、長男を見ていて思いました。


生活に関する雑多なことは、知恵とある程度の努力をすれば何とかなります。

しかし、家の購入に関しては答えを急がずに、慎重に考えていきます。