黒い日々

無駄のない日々を目指しています。

適量

我が家は、毎日9〜10合のお米を炊きます。

たくさん余る日もあれば、足りない日もあります。


起きて5分後には朝ごはんを食べる主人が、ついに壊れた炊飯器の内蓋を注文し、蒸気もくもく、家中に鳴り響く炊飯完了の音楽が聞こえる生活に戻りました。


物を少なくしたい私と、物を持ち続けたい主人の冷戦はいつ終わるのでしょうか。


物の適量を決めるのは、自分です。

住んでいる家が物で溢れているのなら、適量ではないと思っています。

ただし、我が家は5人で2DKです。

ご飯の時も、寝る時も、6畳の部屋に5人がひしめき合っています。

人と人との間におもちゃが散らばり、歩行が困難なこともしばしばです。

狭すぎて、私も主人もイライラすることがあります。


引っ越しか、物を減らすのか。


モヤモヤするときは、物と向き合うとスッキリします。


f:id:mitsoumame91:20170904121910j:plain


左のチェックのストールの下は、手放したシャツなどです。

リサイクルしたいと思います。

ストールは、冬に子供をおんぶした時に風除けで使っていました。

独身の時にセールで買いましたが、首に何かを巻くのが苦手なので、使っていませんでした。

結局、子供たちが冬にたくさん使ってくれました。


昨日、抱っこ紐を手洗いしました。

もうおんぶは卒業です。

抱っこ紐はしばらく取っておきますが、ストールは手放します。


他には、ヨレヨレのレッグウォーマーや、冷え取り靴下(裸足が好きなので、靴下を4枚履くのはむりでした)、ハンドメイドの毛糸のスリッパ、巾着とさようなら。


去年の秋冬は服を買わずに過ごしましたが、今年は5年ぶりにコートを購入したいのです。

家計から出せるかが心配です。


最近の家探しを通して、我が家の経済状況が浮き彫りになりました。

私も労働者にならねば、と意気込む秋の始まりです。



広告を非表示にする