黒い日々

無駄のない日々を目指しています。

遮断

ブログを書いていると、なぜか昔好きだった物や事を思い出します。


10年くらい前の話です。

詳細は忘れていて、覚えていることだけ書き留めます。

ヘンリー・ダーガーという作家に出会いました。

彼は孤独な人で、最低限の仕事をしてひっそりと暮らす世捨て人の様に見えました。

ところが死後、彼の部屋から大量の絵と文章が見つかります。

何十年も書き続けた、壮大な物語です。

小学生の女の子が描くような、可愛らしい絵です。

違和感を感じるけれど、目が離せない。

当時、図書館で画集を借り、隅から隅まで読みました。


それなのに名前すら忘れていて、彼の絵とアウトサイダーアートという単語を頼りにネットで検索したら、すぐにわかりました。


今の時代、自ら情報を遮断しなければ、知りたくない情報がたくさん入ってきます。

携帯電話やパソコンは便利で、楽しいこともたくさん知ることができます。

私は今年の6月に初めてスマホを手にしました。それまでの3年間、通話とメールのみのphsでした。

もう通話のみにしたいなと考えていましたが、小学校も新しい幼稚園も、連絡手段が携帯(スマホ)でした。phsの更新期間だったので、携帯ショップへ行ったらスマホを勧めらたのですが…

毎日情報を遮断するのに苦労しています。時間が出来ると、スマホを手にしています。


ヘンリー・ダーガーが生きていた時代、彼だけでなく人々は、もっと自分の好きなことに没頭していたでしょう。


純粋に読書を楽しむ。

手仕事を楽しむ。

家族と団欒する。

夜はゆったり過ごす。


私は今、それとはかけ離れた生活になりつつあります。

まず、夜はしっかり寝ます。

眠りが浅く、夜中目が冴えてスマホを見るのが習慣になっています。

日が落ちたら、スマホもおやすみなさい、を新しい習慣にしたいと思います。